12歳のハローワーク オリエンテーション レポート

  

7月16日(日)14:00~16:00 クレオ大阪南で開催されました。

クレオ大阪南が主催し、小学校6年生に働く楽しさを体験してもらうとともに

地域の会社・お店・公共施設・団体などが、どんなことをしているか知ってもらうために開催されています。

7月21日~8月4日の間に16か所の仕事体験先に行く小学校6年生55名が参加しました。

NPO法人アートポリス大阪協議会は、昨年に続き、7月21日に6名の子どもたちを受け入れます。

今回、オリエンテーションで動画制作のワークショップの依頼を受けました。

目的として、①仕事体験の前にチームのメンバーのことが分かり、動画を作ることによって

チームワークが出来「一日仕事体験」に意欲的に参加する。

②チームで動画を制作し、みんなの前で発表することによって、仕事に必要なイメージ力・

クリエイティブ力・コミュニケーション力・チームワーク力・プレゼン力・演技力などを

発揮して、モノ作りの楽しさを味わってもらう。

③制作・発表することによって、失敗したり、恥をかいたりすることが、仕事をしていく上で

大切なことで、失敗から立ち直り、成功に向かっていくポジティブ思考を感じてもらう。

これからの中学生生活、将来に活かしてもらう。

④発表は、動画撮影して体験先の方に見てもらい、子どもたちのことを知ってもらう。

最初に、クレオ大阪南の有元さんから、アイスブレーキング、自己紹介・他己紹介をして

初対面の緊張感を和らげ、動画を作るメンタルを整えてもらいました。

次にアートポリス大阪協議会が担当して、動画の作り方をパワーポイントを使って説明しました。

昨年の仕事体験でアートポリス大阪協議会に来た子どもたちが作った作品を観賞しました。

今回のテーマは「仕事体験先の方に自分達をアピールする動画」タイムは50秒以内です。

いよいよ40分間で、役割分担を決め、みんなで話し合ってアイデアを出し、内容を検討して

ストーリーの作成、セリフを決め、絵コンテを描き、リハーサルをします。

最初は戸惑っていましたが、40分間に動画を完成させなければならないので、

時間に追われて作業をしているうちに、チームワークが出来上がり、ドンドン盛り上がり、

すごい熱気が会場を包んでいました。

別室で完成した動画を撮影します。1回リハーサルをし、カメラワークを確認します。

リハーサルは、緊張してオドオドしているのに、本番になると元気にハキハキと演じていきます。

完成した16本の作品は、どの作品もユニークで楽しく、おもしろく、体験先の方に自分たちを

十分にアピールする作品ばかりでした。あっという間に2時間がたち終了時間になりました。

終了後、作品を見たい、子どもたちと保護者の方が残って観賞しました。

会場を後にする子どもたちの表情は、生き生きとし、自信にあふれていました。

これから、仕事体験先に行って多くのことを体験し、これからの人生に大いに役立っていくでしょう!

クレオ大阪南の猪俣館長、有元さん、アートポリス大阪協議会の梅田さん、乾さんお世話になりました。

ありがとうございました。

IMG_9031 IMG_9035

 

 

<< 前のページへ戻る