子どもアニメ制作ワークショップ 西宮市段上育成センター

  

8月16日(水)9:30~11:30 西宮市段上育成センターで開催しました。

小学校1年生~3年生 35名が参加しました。

西宮市は、留守家庭児童育成センターを小学校の横に建て、1年生から3年生を預かっています。

西宮市社会福祉協議会が運営しています。センターに通っている全児童で開催すると、パソコンの

台数が足りないので、お盆休みで、普段より少ない児童が通所している日を選んで開催しました。

昨年に続いて2回目の開催です。

通常は、2日間かけてアニメを制作するのですが、1日で制作します。

最初に1年生と今回初参加の子どもたちにクレイタウンの操作を教えます。

子どもたちは、食い入るように岡部さんと青木さんの操作を見ています。

子どもたちの、初めてのことに接する時の、目の輝きに感動します。

昨年、参加した子どもたちは、グループに分かれて作り始めます。

昨日、制作した、タイトル、素材をコマドリ撮影します。

事前に作ったお話にそってアニメを制作します。

どのグループも短時間で作っていきます。

事前に考えていた動きと違う場合、みんなで試行錯誤を繰り返します。

ワークショップでは、この体験が、一番大事で、失敗にめげずに、あきらめずに

完成に向けてトライしていきます。

将来、悩んだ時に、この体験を思い出して、また前に進んでくれれば、

ワークショップを開催した意義があります。

最後に自分達の名前を入れて完成しました。

完成した作品をみんなで大笑いしながら見ます。

子どもたちのこぼれ落ちる笑顔に、癒され、感動します。

記念写真を撮影して終了しました。

 

IMG_9591

IMG_9591

<< 前のページへ戻る