第5回子どもアニメ制作ワークショップ 高殿学童クラブ

  

8月9日(木)・10日(金)10:00~12:00

大阪市立旭区民センターで4グループ23名参加で開催されました。

高殿学童クラブは、今年で4年目の開催になります。

高殿学童クラブから旭区民センターまで、汗を流しながら子どもたちは歩いて来ました。

4グループとも、低学年から高学年の男女混成グループです。

最初に、新1年生に岡部さん・青木さんからクレイタウンの操作を教えてもらいます。

おそるおそるパソコンのマウスをクリックしています。

パソコンに意識がいっているので、キャラクターを動かすのを忘れています。

 

IMG_2147

 

高殿学童クラブでは、4年前から、アニメーションの王道、絵・マンガを描いて

アニメーションを制作しているグループが必ずいます。

年々、絵もうまくなっています。事前に絵を描いてきたので、コマドリ撮影も

スムーズにいき、1日目で完成です。

 

IMG_2162

 

2日目は、セリフ、歌の録音をしました。

自分たちで制作したアニメーションを見ながら、青木さんに録音してもらいます。

映像にセリフを合わすタイミングに最初は苦労していましたが、コツが分かると

ドンドン録音していきます。今回、ワークショップで初めての試みでしたが

子どもたちのチカラによってうまくいきました。

 

IMG_2203

 

折り紙を動かしてアニメーションを制作していたグループは、細かく動かして制作していたので

時間ギリギリまで撮影しています。

 

IMG_2165

 

高殿学童クラブでは、ハンディキャップのある子どもたちも受け入れ、一緒に成長しています。

今年、中学生になったタイセイ君も2日目に遊びに来てくれ、みんなと遊んでいます。

完成した4作品を大笑いしながら見ています。

 

IMG_2238

 

記念撮影をして、みんなで、最初の位置に机とイスを並べて、終了しました。

子どもたちに指示をだしているのは、上級生のリーダーで、子どもたちの自主性を大事にしています。

1年生から6年生までの男女が、ひとつの大家族として生活していますので、自然に上級生は下級生の

面倒をみています。下級生は上級生を見て成長しています。男女の違いも認識していきます。

小学校では、出来ないことです。

<< 前のページへ戻る