第5回子どもアニメ制作ワークショップ 西宮市段上育成センター

  

8月16日(木)17日(金)9:30~11:30

西宮市段上育成センターで5グループ34名参加で開催されました。

今年で3年目です。

段上育成センターでは、基本3年生まで預かっています。

一昨年、1年生でワークショップに参加した学童は、3年生で、今年が最後の

ワークショップになります。

今までは、1日開催でしたが、今年は2日間の開催になりました。

2日間あると、いろんなことが出来ます。

前日にお話をみんなで考え、キャラクターを作り、タイトル・制作者の名前を

画用紙に描いて準備しています。

朝礼では、みんな大きな声で「おはようございます!」と元気にあいさつしています。

楽しみにしていたアニメーション作り、目をキラキラ輝かしています。

パソコンとWebカメラのセッティングの間、みんなで、なぞ解きをして待っています。

初参加の子どもたちが、多いので岡部さんと青木さんが2か所に分かれて、

クレイタウンの操作を教えています。

キャラクターを少しずつ動かして、順番にマウスをクリックして

コマドリ撮影の仕方を教えてもらっています。

 

IMG_2601

 

操作の指導が終わると、5グループに分かれて、アニメ制作が始まります。

1年生から3年生の男女混成のグループが4グループ、女の子だけのグループが1グループです。

女の子のグループは、カラフルな粘土を使って、ハワイで生き物たちが

のんびり暮らしているのを表現しています。

別のグループは、カラフルな粘土を使って、海の中を魚たちが、渦をまいて

泳いでいるのをうまく動かしてコマドリ撮影しています。

タイトルを「ヨーロッパ」としたグループは、象を粘土で作って

ノソノソ動く感じを出しています。

他のグループも、森の中で動物・昆虫をキャラクターにしてお話を作っています。

あっという間に1日目が終わりました。

2日目は、昨日の続きからスタートです。

今日、初めて参加の子どもたちもいます。みんなから操作を教えてもらっています・

録音を希望していたグループも時間ギリギリまでコマドリ撮影しています。

最後にタイトル・制作者の名前を撮影して、5作品完成しました。

上映会では、各グループがスクリーンを見ながら、ナレーションをしています。

子どもたちは、大笑いしながら楽しんでいます。

 

IMG_2667

 

記念撮影をして子どもたちの大きな声で「ありがとうございました。」に送られて終了しました。

各グループに一人ずつ指導員の方がついて、子どもたちをサポートしています。

今年、絵・マンガでアニメーションを作る事を考えたそうですが、実現出来ませんでした。

来年、今の1年生・2年生で是非チャレンジして欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

<< 前のページへ戻る