第17回広島アニメーションフェスティバル レポート

  

8月26日(日)早朝、新神戸から広島へ新幹線で向かいました。

広島平和記念公園の近くにある会場のJMSアステールプラザに9時前に到着しました。

今回、初めて広島アニメーションフェスティバルに来ました。

子どもアニメ制作ワークショップを京阪神の学童保育所・児童館・児童養護施設で

開催しているので勉強のため梅田さんと参加しました。

 

IMG_2902

 

9:15から中ホールで開催された世界の子どもの作品、世界の子どもが作ったアニメーションの

上映、パラパラアニメーションコンテスト表彰式を見ました。

 

IMG_2906

 

エストニアの子どもたちが作った作品を見るのは、2008年の第9回映像公開フォラームで

エストニアのアニメスタジオ「Nukufilmi」の監督が出演され、作品を上映した時以来です。

いろんな素材を使って、カラフルなアニメーションを制作しています。

今回来日しているエストニアのマイト・ラス監督とお話をしました。

ASIFA(国際アニメーションフィルム協会)のワークショップ・グループが難民の子どもたち、

貧困の子どもたちにアニメーション制作のワークショップを毎年開催し、完成した作品を見ました。

子どもアニメ制作ワークショップに参加している子どもたちに作品を見せたいので

作品の提供をお願いしました。

私たちが、現在している活動と共通点があるので、終演後お話をしました。

今後つながっていければと考えています。

 

IMG_2918

 

11:00からワークショップ「コンピュータ・アニメーション・メイキングワールド」で

パソコンを使ったドローイングアニメーションを体験しました。

今後、子どもたちが希望すれば、パソコンでドローイングアニメーションが出来るよう

来年の春休み、大阪デザイナー専門学校でワークショップを検討しています。

 

IMG_2922

 

12:00から「キッズ・クリップ」のワークショップを見学しました。

粘土、いろいろな素材を使ってキャラクターを用意してコマドリ撮影しています。

子どもアニメ制作ワークショップでは、パソコンソフトを使って制作していますが、

ここでは、パソコンが出来る前のストップモーションカメラ装置で撮影していました。

ディズニー映画も使用していたそうです。

 

IMG_2925

 

13:00から2020年の第18回広島国際アニメーションフェスティバルで

子どもアニメ制作ワークショップの子どもたちの作品を上映し、ワークショップの

プレゼンを考えているので、「フレーム・イン」の会場を視察しました。

 

IMG_2932

 

14:00から会場の外でランチを食べて、広島平和記念資料館に行きました。

小学校の修学旅行で来て以来、55年ぶりです。

小学校6年生の時、訪れた資料館は、原爆の恐ろしさを徹底して見せ、子どもたちの

心の奥に届き、戦争はしてはダメ!平和を維持出来る大人になろうと誓わせる場でした。

今回、建物は、新しくなり、美術館に来ている感じで、展示物は当たり障りのないモノを

展示していました。これでは、戦争の悲惨さが伝わらないでしょう。

これからの子どもたちに平和が持続出来るのか、恐ろしくなりました。

 

IMG_2943

 

16:00からネクサス・ポイントで「STOP MOTION アニミズム」東京藝術大学大学院

映像研究科の学生のストップモーションの作品を見ました。

多彩なアニメーション作品を堪能しました。

17:00から大ホールで「イシュバテル短編作品特集」を見ました。

トークでは、イシュバテル自身が、制作のノウハウを公開していました。

アニメーションを制作する人のためにオープンにする姿勢に感心しました。

終演後、第1回から参加している岡部さんと梅田さんでセブンイレブンでコーヒータイムを

し、岡部さんからレクチャーを受けました。

18:45から大ホールで「コンペティション4」を見ました。

世界中から集まった作品の中でコンペティションに勝ち残った作品が上映されました。

この日は、18作品が審査されます。

会場は、世界中のアニメーション作家、関係者でいっぱいです。

広島国際アニメーションフェスティバルが世界から支持され、情報交換、

社交の場であることを知りました。

一度にこれだけ多様なアニメーション作品を見たのは、初めてで勉強になりました。

アニメーションのシャワーを浴びた感じです。

アニメーションの可能性を実感しました。

新幹線の最終に間に合うように会場を後にしました。

広島駅は、カープファンで赤く染まっていました。

久しぶりに知的興奮の1日でした。

 

 

 

<< 前のページへ戻る