第6回子どもアニメ制作ワークショップ 藤井寺ふぉれすときっず

  

7月23日(火)24日(水)9:30~11:30 藤井寺ふぉれすときっずで

7グループ34名が参加して開催されました。

今年も、子どもアニメ制作ワークショップが始まりました。

ふぉれすときっずは、今年で4回目の参加になります。

昨年、ワークショップに参加した子どもたちは、朝礼の後、すぐにグループに分かれて

制作にかかります。手慣れた手つきでクレイタウンを動かしています。

今年から作品のタイムが、30秒以内になりました。スマホでタイムをカウントしている

グループもいます。今年初めて参加する1年生は、岡部さん・青木さんからクレイタウンの

操作を教えてもらいます。アートポリス大阪協議会のFacebookに投稿されている

「ミテ、サンコウニネ❣」を見て、粘土と綿棒でかわいい人形を作っているグループ、

お寿司屋さんのお話のなかに使うお寿司を粘土で上手に作っているグループ、

絵を上手に描いているグループなどがありました。

 

IMG_5483  IMG_5547  IMG_5490  IMG_5554

 

高学年の子どもたちは、アメデミー賞作品賞を狙って、緻密に制作していきます。

事前にお話をみんなで考え、キャラクター、背景、タイトル、制作者の名前を作成しているので

コマドリ撮影がスムーズに進んでいます。1日目で4グループが撮影を終わりました。

2日目は、撮影が終わったグループは、アニメーションに合わせて、セリフなどを

青木さんの指導で録音しています。最後に完成した7作品を上映しました。

7作品、すべて他のグループと違うお話、キャラクターでバラエティー豊かな作品です。

子どもたちは他のグループのアニメーションの出来具合をよく見て、指摘しています。

子どもたちは、11月16日にビジュアルアーツ専門学校で開催される

「第20回映像公開フォーラム」で完成した作品の上映と、アメデミー賞がとれるか?

今から楽しみにしています。ふぉれすときっずに4年来ていますが、指導員の方が、

子どもたちと時間をかけたコミュニケーションをされているのを見て、子どもたちに考えさせ、

行動を変えさせる「共育」をされていることに毎年感心しています。

 

IMG_5573   IMG_5565  IMG_5538

<< 前のページへ戻る