第6回子どもアニメ制作ワークショップ 鯰江学童保育所

  

7月25日・26日 9:30~11:30 鯰江学童保育所で

7グループ34名が参加して開催されました。

今年で4回目の開催です。岡部さん・青木さんが、1年生の子どもたちにクレイタウンの操作を教えます。

昨年、参加した子どもたちは、2部屋に分かれてアニメーションを制作します。

5グループが入っている部屋は、みんなが、お話にそって登場人物、背景をどう動かして

コマドリ撮影するか話し合っているので、すごい熱気でヒートアップしています。

事前に独自のアニメーション制作シートを作成してメンバー・タイトル・おはなし・登場人物・

必要なものを作成し、背景を絵で描き、ストーリーを絵コンテで4コママンガにして描いています。

指導員のお話では、子どもたちは、アニメ制作ワークショップを楽しみにしていたので、

みんなでワイワイガヤガヤと楽しんで準備をしていたそうです。

素材も、粘土、紙人形、絵を描いたり、フィギュアなど多彩です。

 

IMG_5612  IMG_5613  IMG_5624  IMG_5623

 

時間をかけて準備したので、コマドリ撮影も丁寧に撮っていきます。

グループで制作していく中で、意見が合わない場合、すねる子、泣き出す子もいますが、

みんなで話し合って解決して、先に進んでいます。

学童保育所は、1年生から6年生まで一緒に遊んだり、勉強したり、食事したり、

話し合ったりするので子どもたちの成長には、すごくいい環境です。

1日目で撮影が終わったグループもいます。

2日目は、撮影が終わったグループは、セリフ、効果音を別室で録音していきます。

効果音になりそうなモノを部屋の中で探して、試しています。納得するまでトライしています。

4グループが録音出来ました。上映会の機材を調整している間も邪魔にならないよう静かに待っています。

完成した7作品をみんなで見ました。時間をかけて準備し、2日間かけてコマドリ撮影した作品に

みんな達成感にあふれた表情で見ています。最後に記念撮影して終わりました。

指導員の方が女性なので、お母さんのように子どもたちに接し、靴を脱いだ後、靴をそろえる事などを

細やかにしつけておられました。

<< 前のページへ戻る