第13回ホームムービーの日平野 第6回平野の映像鑑賞会 レポート

  

10月27日(日)14:00~15:40 大阪市立平野図書館2階多目的室で開催されました。

この催しは、第22回大阪市図書館フェスティバル事業に取り上げられています。

最初に平野図書館角田館長のご挨拶の後、今回上映する作品の説明と、

松村さんが撮影した8mmフィルムの保存とテレシネについて

「次世代に映像文化を伝える会」の黒瀬さんからありました。

平野映像資料館館長故松村長二郎さんが、昭和34年~59年に撮影した

フィルムを黒瀬さんが、DVDに変換作業をされました。

最初に「光源寺幼稚園の1日」昭和34年撮影のサイレントの作品が上映されました。

今の少子化の時代と違い、多くのかわいい幼稚園児が映っています。

次に「ある作業工程」昭和35年撮影のサイレントの作品が上映されました。

松村さんの家業の呉服屋の着物の作業工程が撮影されています。

続いて「わが町ひらの杭全神社夏祭り」昭和58年の作品が上映されました。

松村さんは、杭全神社の夏祭りを題材にした作品を多数残しておられます。

休憩の後、「わが町ひらの映像アラカルト」昭和59年の作品が上映されました。

廃線になった南海平野線、今はない懐かしい平野駅が撮影されています。

上映会には、若い方も参加されていて、熱心に昭和の平野の町の映像を見ておられました。

終演後、アンケートに感想を多くの方が、書いておられました。

松村さんが亡くなって満4年が過ぎますが、松村さんの作品が、平野の皆さんに今も

見てもらえる事に、松村さんが一番驚いておられると思います。

松村さんの作品は、「平野の映像」第1集から第6集までに編集されて、

大阪市立中央図書館に保存され、平野図書館で常時、視聴・貸出が出来るようになっています。

 

IMG_6202  IMG_6199

 

 

 

 

<< 前のページへ戻る

<< 前のページへ戻る