第6回子どもアニメ制作ワークショップ77作品をトリノ・ロンドンへ贈りました

  

今年の7月~8月に開催された第6回子どもアニメ制作ワークショップで

制作された77作品をイタリアトリノAnnaさんへ贈りました。

作品を見た、トリノの子どもたちの反響が楽しみです。

英国ロンドンのアニメーション作家のKarenさんへ77作品を贈りました。

ロンドンの子どもたちに見てもらうのが楽しみです。

過去、アートポリス大阪協議会では、映像公開フォーラムで大阪ヨーロッパ映画祭の

キッズプログラムとコラボレーションしてきました。

2005年フィンランドのアニメーションスタジオ「ビルカンマ・フィルムセンター」

マイキー・カント―ラさんをゲストに迎え、フィンランドの先進的教育と

子どもたちのアニメーション制作について教えてもらいました。

2007年には、ベルギーのアニメーションスタジオCEAのジャンリュック・スロックさんから

ベルギーの教育と子どもたちへアニメーションを制作させる意義について教えてもらいました。

2008年には、エストニアのアニメーションスタジオ「ヌクフィルミ・ラステストヮーディオ」の

ルイトゥーヘレネ・メリオランスキさんとカトリン・クシークさんから子どもたちへアニメーションを

教えるスキルを教えてもらいました。

2009年には、リトアニアのメディア・エデュケーターのヴァレンタス・アスキニスさんから

子どもの映像教育の現場について教えてもらいました。

2011年には、イタリアトリノのメディア・エデュケーターのパオラ・イエイエさんと

アンナ・トラッツ゚ア・マリア・グラッツ゚アさんから映像教育の取り組みについて教えてもらいました。

アンナさんとは、8年のお付き合いになります。

2014年から始まった子どもアニメ制作ワークショップの土台を皆さんに作っていただきました。

 

 

 

トリノの写真

<< 前のページへ戻る