9月度第290回定例会報告

  

9月10日(木)19:00~21:00

ハルコラボレーションルームで開催されました。

新型コロナウィルス感染防止のため、4月~6月、8月の 4回休会の後、

久しぶりに全員が出席しました。

最初に第7回子どもアニメ制作ワークショップの報告がありました。

大阪・京都の学童保育所・児童館4か所で子どもたちが

参加して23本のアニメーション作品を完成させました

今回の テーマである、「新型コロナウイルスで感じた事、考えた事」に

16作品が チャレンジしました。

子どもたちで話し合ってストーリーを考え、キャラクターを 作り、

動かして、コマドリ撮影して作品を完成させました。

10月22日に第6回アメデミー賞の選考会が行われて、

アメデミー賞が決まります。 子どもたちは、今から楽しみにしています。

次に、「第14回ホームムービーの日平野 第7回平野の映像鑑賞会」の

開催要項が 検討されました。

10月25日(日)14:00~15:30大阪市立平野図書館で

新型コロナウィルス感染拡大防止対策を行って開催されます。

今回DVDに収録された昭和38年に松村長二郎さんが、制作した

「重責担う柿本孝夫さんの記録」平野の町を土埃を上げてトラックに乗って

大阪市市会議員選挙運動の様子が記録されている貴重な映像です。

今回、柿本さんのご遺族に許可をいただくため、平野区役所にご子息を

探していただきました。速やかに探していただき東京に住んでおられる

ご子息に 連絡しました。

ご子息は、当時6才で選挙の後急逝されたお父さんの映像が

残って いることにビックリされました。

DVDをお送りして大変喜んでいただきました。

第2部は、まち歩きガイド「平野の風」の皆さんが昭和30年代の平野の

写真を スクリーンに映しだして当時の平野の町を語ります。

まちについての思い出を 大阪市立図書館で残すプロジェクトです。

次に、「第21回映像公開フォラーム」

11月14日(土)15:00~16:00

コロナウィルス感染拡大防止のためにオンライン配信による

開催について検討しました。

メンバーよりオンライン配信について提案がありました。

ユーチューブライブ、ズームでの生オンライン配信による

回線状況、機材のトラブルによる配信リスクについて説明がありました。

映像と共育~未来のためにできること 

プログラムは、01「第7回子どもアニメ制作 ワークショップ」で

作られた23本のアニメーション作品を上映します。

02「第1回Amedemy awardsインターナショナル部門」

作品上映 世界の子どもたちに子どもたちが制作したアニメーション作品を

公募しました。 テーマは、新型コロナウィルスについてです。

優秀作品には、アメデミー賞が授与されます。

早速アルメニア、イスラエルから応募がありました。

03第6回アメデミー賞授賞式 

04Amedemy awardsインターナショナル部門授賞式

01~04はユーチューブで11月14日15時から公開されます。

05ズームを使って楽しく世界の子どもたちと話そう!

第7回子どもアニメ制作ワークショップに 参加した子どもたち、

Amedemy awardsに応募した子どもたちで話し合います。

ズームで話し合うことによって子どもたちが、

将来世界で活躍出来る人材になってくれるキッカケ作りになればと思います。

05は、ズームを使って非公開で行われます。

記録した録画は、将来ユーチューブで 公開する予定です。

続いて第21回映像公開フォラームの予算案が検討され決議されました。

最後に今後の年間プログラムについて検討して

第290回定例会は終了しました。

<< 前のページへ戻る