第292回定例会 報告

  

11月5日(木)19:00~21:00 

ハルコラボレーションルームで開催されました。

第292回定例会では、2021年度の年間プログラム案に

ついて話し合いました。

本年度の事業の反省をもとに、継続する事業を検討しました。

継続事業は、第8回子どもアニメ制作ワークショップ、

第15回ホームムービーの日平野・第8回平野の映像鑑賞会

第22回映像公開フォーラム・第7回アメデミー賞授賞式、

第2回アメデミー賞インターナショナル部門授賞式です。

梅田理事からは、新規事業3本の事業につい提案がありました。

①インバウンド映像祭(Inbound Movis Festival)事業は、

オリンピック・万博で日本を訪れる外国人に日本の

伝統・文化を楽しく伝える映像制作の整備事業です。

②町中プロジェクション(All Town Movis)事業は、

ハロウィン・クリスマスなどで地域の住民が共有出来る

イベント・事象に関連する映像をプロジェクターなどで

公共の場に投影する事業です。

③地域発信ドキュメント(Local Starts Document)事業は、

地域の課題を映像化し、地域の住民が、共有化することにより

地域の映像制作能力を向上する事業です。

次に2021年度の予算案を検討しました。

最後に第21回映像公開フォーラム第1部YouTubeプレミアム公開

第2部Zoomを使用して子どもたちの交流会の確認をしました。

<< 前のページへ戻る