9月度第300回定例会 報告

  

9月9日(木)19:00~21:00

ハルコラボレーションルームで開催されました。

最初に第8回子どもアニメ制作ワークショップの報告がありました。

大阪・京都・神戸の学童保育所・児童館9か所で17回開催、延べ656名の

小学生が、参加して59本のアニメーション作品を完成させました。

今回の テーマである、「学校に通えない子どもが世界にはたくさんいる」に

22作品、SDGsに8作品が 、取り組みました。

子どもたちでテーマについて調べて、みんなで話し合い、ストーリーを考え、

キャラクターを 作り、動かして、コマドリ撮影をして、最後にタイトル・

セリフなどを録音して作品を完成させました。

10月14日に第7回アメデミー賞の選考会が行われて、

アメデミー賞が決まります。 子どもたちは、今から楽しみにしています。

来年の第9回子どもアニメ制作ワークショップの開催に向けて

第8回子どもアニメ制作ワークショップの反省会をしました。

貴重なご意見をメンバーからいただきました。

来年6月に講師とスタッフが、集まって子どもたちの要望に

こたえられるように準備会を開催する予定です。

次に、「第15回ホームムービーの日平野 第8回平野の映像鑑賞会」の

開催要項が 検討されました。

10月24日(日)14:00~15:40大阪市立平野図書館で

新型コロナウィルス感染予防対策をして開催されます。

第1部では、平野映像資料館館長 故松村長二郎さんが、平成7年に

自らガイドとして杭全神社などを一般の方を案内して平野の歴史を語る

貴重なビデオを発見しました。

ビデオをDVDに変換して平野の映像DVD第8集に収録して今回上映します。

作品のタイムは、2時間ありますので、前編と後編に分けて、

後編は、来年に上映します。

第2部は、昨年に続いて、まち歩きガイド「平野の風」のプログラムです。

長吉ふれあい歴史塾の吉田尚道さんが、写真を スクリーンに映しだして

長吉古墳群、大和政権の成立に貢献した長吉地区、

長吉が古代、大阪湾の海岸線に位置し、大陸と交易していた事、

古代船「なみはや」などについて語ります。

古代船「なみはや」を長原地区に移設する運動をされています。

次に、「第22回映像公開フォラーム・第7回アメデミー賞授賞式」の

開催要項が、検討されました。

10月31日(日)14:00~16:30 大阪市立こども文化センターで

新型コロナウィルスの感染予防対策をして開催されます。

プログラムは、01「第8回子どもアニメ制作 ワークショップ」で

作られた59本のアニメーション作品を上映します。

02「第8回子どもアニメ制作ワークショップ」の記録映像上映

03「第2回アメデミー賞インターナショナル部門」の作品上映

国際アニメーションフィルム協会などを通じて応募してきた

世界の子どもたちが、制作した作品です。

04 おたのしみサイレント映画「キートンの隣同士」大森くみこさんの

活弁で上映します。子どもたちが、毎年楽しみにしているプログラムです。

05 第2回アメデミー賞インターナショナル部門表彰

グランプリの発表・表彰です。

06 第7回アメデミー賞授賞式 アメデミー賞作品賞・各賞の表彰です。

子どもたちには、ワクワク・ドキドキの時間です。

続いて第22回映像公開フォラーム・第7回アメデミー賞授賞式の

予算案が検討され決議されました。

最後に今後の年間プログラムについて検討して

記念の第300回定例会は終了しました。

<< 前のページへ戻る